二者監査・ギャップ分析

ISO22000やFSSC22000の中心となるHACCP


2018年の通常国会で食品衛生法を改正し、すべての食品等事業者はHACCPに沿った衛生管理を行うことになりました

HACCPの実践により、製造過程において食品汚染が起こる可能性を大幅に削減できます

適合性の確保とともに有効性のある監査手法について、さまざまなフレームワーク視点で体系的に解説します
 

複数のモデル工場のビデオ映像を用いた実践的なワークショップにより、HACCP視点での内部監査の手法を体系的に学べます

しかし、HACCPを導入しただけでは必ずしも十分ではありません

維持・向上のためには、HACCP視点での内部監査は欠かせません

サービス内容

Step 1
体系的な講義

● HACCP視点の内部監査の流れ(総論)


● 内部監査者に求められる力量


● HACCP視点の内部監査の技術(各論)

   ~ 現場・記録の検証方法など


● 施設の衛生管理の検証

Step 2

実戦的な演習

● モデル工場の製造ビデオを用いた模擬HACCP監査

 

● 演習:監査報告の作成とポイント解説

Copyright© Food Safety Tech Center All rights reserved.

  • c-facebook
  • Twitter Classic