「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」の説明会に出席してみて

15年ぶりに食品衛生法が改正され、衛生管理手法HACCPの制度化が決まった。ただ、わかりにくいのは以前基準Bといわれていた「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」といった枠組みである。


中小・零細のメーカーは、HACCPに取り組まず、この「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」で構わないかもしれない状況にある(施行令が来年出てから具体的な運用が明確になる)。


「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」についての説明会に出席した。取り組み方がわかりにくいためか、はたまたその必要性が十分に伝わっていないせいか、聴衆である事業者の様子を見てみると、冷めた感じが伝わってくる。


改めてHACCP制度化の必要性は理解できる一方で、「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」の枠組みは本当に必要なのだろうかと思う。

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

加熱殺菌の科学的根拠

食品事業者との会話の中で、「加熱殺菌を行っている」と伺うと、「温度や時間はどうやって設定したのですか?」と聞くようにしている。 「以前からこの設定値で商品ができたから」とか、「今まで衛生上の事故が無かったから大丈夫」とか… 品質を変動させる因子は様々であり、今まで品質事故が無かったからといって、この先も保証できない。 曖昧なままで進めてきた加熱殺菌の設定値について、その科学的根拠の整理を進めて欲し

Copyright© Food Safety Tech Center All rights reserved.

  • c-facebook
  • Twitter Classic