HACCPの指導者力量

HACCPを指導していてつくづく思うことがある。

指導する側は、食品の製造・加工について、やはり幅広く知識と実際の管理に携わった者でないといけないと。


例えば、装置産業型の食品製造に長年従事したとして、その経験だけでは、食品メーカーの多くの家内制手工業的な手作業の多い菓子類や6次産業に決して寄り添うことなどできないであろう。


あたかも、あらゆる食品の加工プロセスを熟知しているかのような指導者に当たってしまうと、HACCPを毛嫌うことになりかねない。

これからは、もっと指導者力量が問われることになるだろう。

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

加熱殺菌の科学的根拠

食品事業者との会話の中で、「加熱殺菌を行っている」と伺うと、「温度や時間はどうやって設定したのですか?」と聞くようにしている。 「以前からこの設定値で商品ができたから」とか、「今まで衛生上の事故が無かったから大丈夫」とか… 品質を変動させる因子は様々であり、今まで品質事故が無かったからといって、この先も保証できない。 曖昧なままで進めてきた加熱殺菌の設定値について、その科学的根拠の整理を進めて欲し

Copyright© Food Safety Tech Center All rights reserved.

  • c-facebook
  • Twitter Classic