HACCPシステム(仕組み)の設計者の強い意思

中小企業にお伺いして、現場確認とともにHACCP関連書類の整備についてアドバイスを行っている。

時として、なにかしらの教科書やテキストを丸写しして作成したのではないか?と感じることがあり、そういった時には、より一層インタビューを行うようにしている。

HACCP関連書類を通じて、その会社の食品安全への取り組む姿勢や方針が見えてくるかどうかがポイントである。

単純な表に記入し整理されたものでも、一連のストーリーになってるかどうか。更には、科学的根拠に立脚して整理されているかどうか。


いままで実際の管理手法やレベルに負荷をかけずに、かつ実態に即した計画と実行・改善が理想であり、やはりHACCPシステム(仕組み)の設計者の強い意思があるかどうかが鍵だと思う。

0回の閲覧

Copyright© Food Safety Tech Center All rights reserved.

  • c-facebook
  • Twitter Classic