HACCPシステム(仕組み)の設計者の強い意思

中小企業にお伺いして、現場確認とともにHACCP関連書類の整備についてアドバイスを行っている。

時として、なにかしらの教科書やテキストを丸写しして作成したのではないか?と感じることがあり、そういった時には、より一層インタビューを行うようにしている。

HACCP関連書類を通じて、その会社の食品安全への取り組む姿勢や方針が見えてくるかどうかがポイントである。

単純な表に記入し整理されたものでも、一連のストーリーになってるかどうか。更には、科学的根拠に立脚して整理されているかどうか。


いままで実際の管理手法やレベルに負荷をかけずに、かつ実態に即した計画と実行・改善が理想であり、やはりHACCPシステム(仕組み)の設計者の強い意思があるかどうかが鍵だと思う。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

加熱殺菌の科学的根拠

食品事業者との会話の中で、「加熱殺菌を行っている」と伺うと、「温度や時間はどうやって設定したのですか?」と聞くようにしている。 「以前からこの設定値で商品ができたから」とか、「今まで衛生上の事故が無かったから大丈夫」とか… 品質を変動させる因子は様々であり、今まで品質事故が無かったからといって、この先も保証できない。 曖昧なままで進めてきた加熱殺菌の設定値について、その科学的根拠の整理を進めて欲し

Copyright© Food Safety Tech Center All rights reserved.

  • c-facebook
  • Twitter Classic