セミナー:食品工場の虫対策・総合的管理IPMとは

総合的有害生物管理IPMの考え方がわかり、虫クレーム対策のポイントを掴むことができます

  • 開始日:8月3日
  • 3,600円
  • Zoomウェビナー

サービス内容

現在、IPMと称して防虫の事業者が数多くいます。 しかし、殺虫剤散布がメインの手段となっているのも事実です。 (IPM:Integrated Pest Managementの略、「総合的有害生物管理」の意味) 本来は、あらゆる技術や管理を駆使して、有害生物のリスク低減を総合的に行うことが重要です。 「総合的」な管理とは、さまざまな対策を組合せて行う事で、具体的には、以下のような流れです。 ・対象となる有害生物の特定 ・場所ごとの維持管理基準の設定 ・課題となるポイントや維持管理基準を超える場所の調査 ・状況に即した最適な防除対策の実施 ・防除対策後の効果確認 そこで、IPM(総合的有害生物管理)に必要な要素を、画像を用いてわかりやすくお話します。 本当のIPMを勉強しませんか? ---------------------------- ◯ 講座内容 1.食品製造における有害生物によるクレームの実例紹介 2.関連する法令やガイドライン 3.食品工場で問題となる有害生物の特性と対策 ・写真の画像を見て、虫の種類がわかるようになる ・食品の製造現場の写真を見て、どこにどんな虫が生息するかわかるようになる 3-1)食品工場に隠れて存在する「内部発生虫」(シバンムシ、コクヌストモドキ、チャタテムシ、 メイガ、チョウバエ、チャバネゴキブリなど) 3-2)食品工場で悩まれる「飛来害虫」(ヨコバイ、ユスリカ、キノコバエなど) 4. セミナー終了後、個別相談をお受けします。 ---------------------------- ◯ 開催日程など 日 時:2022年8月3日 14:00~15:00 会 場:Zoom 受講料:3600円(税込) 主催:LRQAサステナビリティ(株)、共催:食品安全技術センター ※お申込み受付は前日までです。 ※同業者様からの申込みはお断りさせて頂いております。 ---------------------------- ◯ 受講にあたって Zoomウェビナーを用いたセミナーです。 セミナー途中でチャットやQ&A、投票ができます。 PCのほか、スマホやタブレットからご参加ください。 ご入金が確認された後、ご参加URL(必要な場合にはパスワードと合わせて)をメールでお知らせします。 ※都合によりスケジュールやプログラムが変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。 ---------------------------- ◯ 講師 佐藤俊(LRQAサステナビリティ株式会社 食品安全コンサルタント) 講習会、現場監査などを通し、顧客先の問題改善を「アイデアと工夫」でサポート。 自分たちでできる衛生管理の仕組み作りを提案している。 約15年に渡り衛生管理会社に従事。延べ200社以上の一般衛生管理の構築に携わってきた。 福岡県HACCP推進アドバイザー、熊本県食品衛生協会委託講師、下関市食品衛生協会委託講師として、地元に根付いた食品衛生のレベルアップを目指して活動中。 ・ISO 22000 審査員補(IRCA) ・JFSM-A/B規格 監査員 ・HACCP上級コーディネーター(HACCPトレーニングセンターJHTC) ・米国PCQI 予防管理適格者 など ※下記リンク先のYouTubeでは、佐藤講師が「食品製造現場のコロナ予防と対応処置の実際」と題して、コロナ患者が発生した施設の対応処置を具体的に解説しています。 https://www.youtube.com/watch?v=kbrAS6izdm4&t=1323s


今後の予定


キャンセルポリシー

基本的にキャンセルによる返金は致しません。受講日程の変更を承りますので、メールにてお知らせください。


連絡先

fstechcenter@gmail.com