これまでのアーカイブ動画
こちら(Youtube)

 
 

      「最新の食品安全」をウェブで学ぶ

 

 


Zoom ウェビナーを用いたセミナー


セミナー途中で、チャットによる質疑ができます
パソコンのほか、スマホやタブレットからご参加ください

  詳細・お申込みは、以下のメニューをクリック

 

◯ HACCP 取組むためのポイント解説

◯ 食品安全の最新動向と今後の流れ

◯ 食品安全強化法FSMAおよびFDA査察対応の概要
◯ 食品工場の虫対策・総合的管理IPMとは
◯ 事例で学ぶ食品表示解説

※お申込み受付は前日までです。

※同業者様からの申込みはお断りさせて頂いております。

※LRQAサステナビリティ株式会社との共催です。

 

​■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

セミナー 「食品安全の最新動向と今後の流れ」

国内は6月より食品等事業者がHACCPに沿った衛生管理に取組むことになりました。

一方で、HACCPを提唱した米国は、HARPC(ハープシー)を2011年には法制化しています。

HACCP制度化をはじめ、食品安全の最新動向を解説し、今後の食品安全の流れを掴んで頂ければと思います。

◯ 内 容
・HACCPを取り巻く国内の現状
・食品安全における国際的な業界団体GFSIとは
・米国の最新動向
・次世代型HACCPといわれるHARPC(ハープシー)
・今後の食品衛生管理の枠組み

◯ 日 程:御希望の日程をクリックしてください

・2022年  7月25日 12~13時
・2022年  8月29日 12~13時

・2022年  9月26日 12~13時
・2022年11月  7日 12~13時

・2022年12月  5日 12~13時

◯ 受講料:3,600円(税込)
※PDF資料を事前に配布致します

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

セミナー 「HACCP 取組むためのポイント解説」

HACCPとは、食品の製造において安全性を確保するための国際的に認められた管理手法です。

2020年のHACCP制度化の背景とそれに準拠した内容です。

◯ 内 容
・HACCPによる衛生管理
・HACCPを取り巻く状況
・食品衛生のハザード(危害要因)
・HACCP取組むための準備(一般衛生管理プログラム)
・HACCP 構築手順
・HACCP 運用に困ったら

◯ 日 程:御希望の日程をクリックしてください

・2022年  7月25日 14~15時
・2022年  8月29日 14~15時
・2022年  9月26日 14~15時
・2022年11月  7日 14~15時

・2022年12月  5日 14~15時

◯ 受講料:3,600円(税込)
※PDF資料を事前に配布致します

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

セミナー 「食品安全強化法FSMAおよびFDA査察対応の概要」

食品の輸入において米国は世界最大規模の市場です。

日本からもさまざまな品目が輸出されており、政府も積極的に支援しています。

しかし、FDAに関する規制がさまざまにあり、難しさを感じる方もいらっしゃると思います。

食品安全強化法FSMAおよびFDA査察対応のポイント解説します。

◯ 内 容
・食品安全強化法(FSMA)とは
・食品安全強化法FSMAにもとづくFDA査察
・食品安全強化法103条(PCHF)
・食品安全計画の概要
・HARPC(次世代型HACCP)の概要
・予防管理適格者 PCQI

◯ 日 程:御希望の日程をクリックしてください
・2022年  7月25日 16~17時

・2022年  8月29日 16~17時
・2022年  9月26日 16~17時
・2022年11月  7日 16~17時

・2022年12月  5日 16~17時

◯ 受講料:3,600円(税込)
※PDF資料を事前に配布致します。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

セミナー 「食品工場の虫対策・総合的管理IPMとは」

現在、IPMと称して防虫の事業者が数多くいます。

しかし、殺虫剤散布がメインの手段となっているのも事実です。

(IPM:Integrated Pest Managementの略、「総合的有害生物管理」の意味)

 

IPM(総合的有害生物管理)に必要な要素を、画像を用いてわかりやすくお話します。

◯ 内 容

     1.食品製造における有害生物によるクレームの実例紹介

     2.関連する法令やガイドライン

     3.食品工場で問題となる病害虫の特性と対策

        ・写真の画像を見て、虫の種類がわかるようになる

        ・食品の製造現場の写真を見て、どこにどんな虫が生息するかわかるようになる

     3-1)食品工場に隠れて存在する「内部発生虫」

                 (シバンムシ、コクヌストモドキ、チャタテムシ、メイガ、チョウバエ、チャバネゴキブリなど)

     3-2)食品工場で悩まれる「飛来害虫」

                 (ヨコバイ、ユスリカ、キノコバエなど)

     セミナー終了後、個別相談をお受けします。

◯ 日 程:御希望の日程をクリックしてください

・2022年  8月3日 14~15時

◯ 受講料:3,600円(税込)
※PDF資料を事前に配布致します

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

セミナー 「事例で学ぶ食品表示解説」

食品表示法について新しい情報を中心にわかりやすく解説します。

概要の説明に加えて、実際のラベルの修正ポイントの解説により理解を深めることができます。

◯ 内 容

   ・食品表示法の概要

   ・食品表示の作成に必要な情報源

   ・一般消費者向け加工食品とは

   ・原材料・添加物表示

   ・複合原材料

   ・アレルゲン表示

   ・原料原産地表示

   ・実例に学ぶ間違い表示 など

     セミナー終了後、個別相談をお受けします。

◯ 日 程:御希望の日程をクリックしてください

・2022年  9月2日 14:00~15:30

◯ 受講料:3,600円(税込)
※PDF資料を事前に配布致します

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【これまでの開催実績】
2020年
4月:無料)GFSI2020世界大会参加報告
<食品安全技術センター 今城>

5月:新型コロナ禍における外食産業の対応
<(株)チャンピオンカレー 宮崎裕司氏>

7月:無料)「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」の取組みポイント
<長野県中小企業振興センター 生稲芳高氏、(一財)開田高原振興公社 中村健氏>

8月:無料)HACCPを支える微生物管理技術 MALDI
<九州産業大学 中山素一氏>

9月:無料)美味しい食品の開発とは~有名シェフとのコラボで作る地域ブランド
<国産(株) 影山恭英氏>

11月:無料)食物アレルギー予防への世界の対応
<シッフズジャパン 鈴木幸雄氏>

12月:無料)ハウス食品Gr米国豆腐事業と食品安全事情
<ハウス食品(株)Gr  山本竜太氏>

2021年

1月:無料)美味しさで未来につなぐ「食べるJAPAN」~美味アワード2021(美味しさの証し)始動

<国産(株) 影山恭英氏>
 

1月:無料)食とテクノロジーと産業政策~政策OpenLab、フードテック研究会の取組を通じて 

<在インド日本国大使館 渡辺一行氏>

2月:無料)食品製造現場のコロナ予防と対応処置の実際

<(株)TMラボ 佐藤俊氏>

2月:無料)共に育つ食品安全チームづくりの秘訣

ナカミ創造研究所 中田麻奈美氏

3月:無料)「はたらきびとに聞く」クラフトビールの楽しさ
<宮崎ひでじビール(株) 永野時彦氏>

 

4月:無料)タイの食品事情~鶏処理施設の運営を通して

<GFPT Nichirei Thailand 藤間寿郎氏>

 

5月:無料)「はたらきびとに聞く」大分の老舗醤油蔵から

<合名会社まるはら 川崎弘氏>

5月:無料)「はたらきびとに聞く」スシローまたまたやるってよ!~テイクアウト・デリバリー業態への挑戦

<田中俊作氏、谷川鯉沙氏>

6月:無料)
「はたらきびとに聞く」黒にんにくの魅力

<㈲柏崎青果 柏崎進一氏、青森県中小企業団体中央会 古川博志氏>
 

6月:無料)「はたらきびとに聞く」食の絆で世界へ~大分「りゅうきゅう」にかける想い

<㈱絆屋 代表 中野 晃一氏、おおいた食品産業企業会 小春拓也氏>