HACCPは組織の改善手法

3月22日、滋賀県主催、滋賀県食品衛生協会共催による第3回滋賀県HACCP推進協議会にて、自治体HACCPの一つ、セーフードしがの認証事業者に対して、HACCPシステムが適切に運用されるよう「信頼できるHACCP管理~検証と改善」といった演題で講演を行いました。


普段行っている講演とは異なり、何種類かの演習を行いながら、参加型で進めたため、より理解度が深まったと思います。


検証は、計画(HACCPプラン)の見直しとともに、仕組み(HACCPシステム)の改善にもつながります。 つまり、HACCPはPDCAサイクルを回し、組織の改善につながるような手法だと思います。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

加熱殺菌の科学的根拠

食品事業者との会話の中で、「加熱殺菌を行っている」と伺うと、「温度や時間はどうやって設定したのですか?」と聞くようにしている。 「以前からこの設定値で商品ができたから」とか、「今まで衛生上の事故が無かったから大丈夫」とか… 品質を変動させる因子は様々であり、今まで品質事故が無かったからといって、この先も保証できない。 曖昧なままで進めてきた加熱殺菌の設定値について、その科学的根拠の整理を進めて欲し

Copyright© Food Safety Tech Center All rights reserved.

  • c-facebook
  • Twitter Classic