HACCPができない理由

11月21日、兵庫県尼崎保健センター主催による「HACCPに基づく衛生管理推進講習会(概論編)」にて、HACCPによる衛生管理を正しく理解して実践できることを目的として、具体的な取組事例の紹介や制度化の説明などを行いました。


当日の受講者の多くが、大量調理施設といわれる食品事業従事者の方々でした。国が進めているHACCP基準Bに該当すると想定されています。


まずはHACCPができない理由とされてきた「ヒトガいない」「設備にカネがかかる」「書類が増える」といった誤解に対して、それぞれていねいに誤解を解きほぐしました。


そのうえで、基準Bへの対応ポイントを説明したので、心のハードルはだいぶ下がったものと実感しています。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

加熱殺菌の科学的根拠

食品事業者との会話の中で、「加熱殺菌を行っている」と伺うと、「温度や時間はどうやって設定したのですか?」と聞くようにしている。 「以前からこの設定値で商品ができたから」とか、「今まで衛生上の事故が無かったから大丈夫」とか… 品質を変動させる因子は様々であり、今まで品質事故が無かったからといって、この先も保証できない。 曖昧なままで進めてきた加熱殺菌の設定値について、その科学的根拠の整理を進めて欲し

Copyright© Food Safety Tech Center All rights reserved.

  • c-facebook
  • Twitter Classic