フレームワークの視点

今週は、某企業様のHACCP社内研修を行いました。


今回で2回目となりますが、HACCPに取り組むにあたっての障害として挙げられてきた「ヒトがいない」「カネがかかる」「書類が増える」といった点について、誤解が解けたと感じています。 また、ここ数年で大きく変化するであろう食品衛生関連の枠組みについても、大胆な予測を言及しました。


HACCPは業務改善の手法としても優れています。 フレームワークの視点で全体を俯瞰しながら理解してみてはいかがでしょうか。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

加熱殺菌の科学的根拠

食品事業者との会話の中で、「加熱殺菌を行っている」と伺うと、「温度や時間はどうやって設定したのですか?」と聞くようにしている。 「以前からこの設定値で商品ができたから」とか、「今まで衛生上の事故が無かったから大丈夫」とか… 品質を変動させる因子は様々であり、今まで品質事故が無かったからといって、この先も保証できない。 曖昧なままで進めてきた加熱殺菌の設定値について、その科学的根拠の整理を進めて欲し

Copyright© Food Safety Tech Center All rights reserved.

  • c-facebook
  • Twitter Classic