「事業者向け 食の安全セミナー」に登壇

12月17・18日、大津市保健所主催、大津市食品衛生協会共催による「事業者向け 食の安全セミナー」に登壇しました。


現在、国ではHACCPによる食品の衛生管理の制度化と営業許可制度の見直しを盛り込み食品衛生法の改正を行うことを予定しています。 制度改正に際して混乱なく事業者の皆さんが円滑に新制度に対応していただけるよう、大津市HACCP導入推進チームの一員として、HACCP制度化に向けて、概論の解説とともに今後の取組み方についてお話ししました。

山口大学豊福教授からは「何が変わるのか?どう変わるのか?」という演題で、また(株)高澤品質管理研究所の高澤所長からは「今始める意義、取り組みを始め何が変わったか。」でご説明がありました


ロイドレジスタージャパン主催のHACCP責任者養成セミナーについて、来年3月博多、4月仙台での開催も決定しました。 こちらも宜しくお願いします。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

加熱殺菌の科学的根拠

食品事業者との会話の中で、「加熱殺菌を行っている」と伺うと、「温度や時間はどうやって設定したのですか?」と聞くようにしている。 「以前からこの設定値で商品ができたから」とか、「今まで衛生上の事故が無かったから大丈夫」とか… 品質を変動させる因子は様々であり、今まで品質事故が無かったからといって、この先も保証できない。 曖昧なままで進めてきた加熱殺菌の設定値について、その科学的根拠の整理を進めて欲し

Copyright© Food Safety Tech Center All rights reserved.

  • c-facebook
  • Twitter Classic