近い将来の食品安全戦略策定

今週はPCQI養成研修を新潟で開催した。 カリキュラムは米国FDAが指示しFSPCAとうい教育研修団体が作成したものであり、食品安全強化法FSMA103条が中心である。

その中でも核となっており、次世代型HACCPと呼ばれるHARPC(ハープシー)を、これまでに何度も指導してきたのだが、より現実的な食品衛生管理手法であることを再認識させられる。

例えば、加熱後で包装や充填前の状態にある製品について、微生物や食物アレルゲンに暴露されるリスクを想定したときに、従来のHACCPの考え方から踏み込んだ予防コントロールが求められる。

すでにISO22000やFSSC22000などで定義づけられたOPRPという手法に類似したものであり、それらとの親和性も高い。 また、対米輸出事業者に対しては、法適合性の観点から強制力もあるが、一方でその現実的な考え方に賛同される方も多い。

国内はまだまだHACCP制度化に対する関心が続くだろうが、近い将来の食品安全戦略策定にも目を向けられてはどうか。

Copyright© Food Safety Tech Center All rights reserved.

  • c-facebook
  • Twitter Classic