HACCPの真意

3月13日に通常国会に提出されたHACCP制度化を含む「食品衛生法等の一部を改正する法律案」。 4月12日参議院での審議を終えて可決した模様。

すでに多方面に渡り、制度化に向けて準備が進む中で、今国会の雲行きが怪しく無事可決されるか懸念されるところ。


そういった中でも、HACCPについて積極的に講師を務めるいるが、最近改めてHACCPの真意を感じている。 HACCPの補強策として、ISOではOPRPといわれる考え方を展開し、一方でFSMAでは予防コントロール(PC)としてHARPCが構築されたのではないかと。

今更のことなのかもしれないが、人に伝えながらも自分の中で整理されてきている。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

加熱殺菌の科学的根拠

食品事業者との会話の中で、「加熱殺菌を行っている」と伺うと、「温度や時間はどうやって設定したのですか?」と聞くようにしている。 「以前からこの設定値で商品ができたから」とか、「今まで衛生上の事故が無かったから大丈夫」とか… 品質を変動させる因子は様々であり、今まで品質事故が無かったからといって、この先も保証できない。 曖昧なままで進めてきた加熱殺菌の設定値について、その科学的根拠の整理を進めて欲し

Copyright© Food Safety Tech Center All rights reserved.

  • c-facebook
  • Twitter Classic