HACCPは単なる食品衛生管理手法ではない

最終更新: 2019年6月2日

今週は福岡県久留米市にて、食品メーカーを中心としたHACCPに取り組むための演習を含む講習会の講師を務めた。


HACCPは単なる食品衛生管理手法ではない。

単なる衛生管理の指導だけに留まらず、

・製造時に行われる温度・時間条件設定の根拠 ・口伝えではなく明確なルールの定着 ・記録表から見る衛生管理の証拠づくり  ・管理が正しかったといえる検証活動 など、組織改善の仕組みづくりにつながる視点をレクチャーした。

現場力が少しでも向上されることを願っている。

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

加熱殺菌の科学的根拠

食品事業者との会話の中で、「加熱殺菌を行っている」と伺うと、「温度や時間はどうやって設定したのですか?」と聞くようにしている。 「以前からこの設定値で商品ができたから」とか、「今まで衛生上の事故が無かったから大丈夫」とか… 品質を変動させる因子は様々であり、今まで品質事故が無かったからといって、この先も保証できない。 曖昧なままで進めてきた加熱殺菌の設定値について、その科学的根拠の整理を進めて欲し

Copyright© Food Safety Tech Center All rights reserved.

  • c-facebook
  • Twitter Classic