HACCPに取組むと何かいいことが有るのか?

国際的な食品衛生管理手法HACCPはつくづく組織改善のためのツールだと感じる場面がある。


HACCPに取組むと何かいいことが有るのか?といった質問を時々受ける。

その都度、私は組織の「風通しが良くなる」と述べている。


HACCPに取組むためには、もちろん関連する書類作成が求められるが、それ以外にも ・チームによる危害要因のリスク度合いの徹底した議論から生まれる食品衛生に対する意識の向上 ・書類を整備する中で、科学的根拠の整理によるエビデンスの見える化 などなど、組織の一体感を得られるようになる。


書類の整備で満足して、机上の空論や書庫の肥やしで終わらせてはいけない。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

加熱殺菌の科学的根拠

食品事業者との会話の中で、「加熱殺菌を行っている」と伺うと、「温度や時間はどうやって設定したのですか?」と聞くようにしている。 「以前からこの設定値で商品ができたから」とか、「今まで衛生上の事故が無かったから大丈夫」とか… 品質を変動させる因子は様々であり、今まで品質事故が無かったからといって、この先も保証できない。 曖昧なままで進めてきた加熱殺菌の設定値について、その科学的根拠の整理を進めて欲し

Copyright© Food Safety Tech Center All rights reserved.

  • c-facebook
  • Twitter Classic