HACCP制度化に向けて

最終更新: 2019年5月25日

11月6日、長野県松本市にて、HACCP制度化に向けての最新動向と、導入に向けて何を行って行くべきか、食品製造現場の目線に立ち、わかりやすく解説しました。 主催:松本商工会議所、塩尻商工会議所、大町商工会議所、松本特産品振興協会、松本観光名産品協会 https://www.mcci.jp/topics/2017/10/03/18316/


また、8日には日本食品衛生学会の学術講演会にて、別府大の学生によるポスター発表に同席しました。 タイトルは「食品安全ハザードの防除を実現する本格焼酎「夢香米」製造におけるHACCP導入」で、別府大のほか、藤居酒造(株)とともに、HACCPへの取組みとともに、厚労省・HACCPチャレンジ事業への登録までの報告を行いました。

詳しくは、facebookの書き込みをご参照ください。 https://www.facebook.com/imanari/posts/1404758726274852

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

加熱殺菌の科学的根拠

食品事業者との会話の中で、「加熱殺菌を行っている」と伺うと、「温度や時間はどうやって設定したのですか?」と聞くようにしている。 「以前からこの設定値で商品ができたから」とか、「今まで衛生上の事故が無かったから大丈夫」とか… 品質を変動させる因子は様々であり、今まで品質事故が無かったからといって、この先も保証できない。 曖昧なままで進めてきた加熱殺菌の設定値について、その科学的根拠の整理を進めて欲し

Copyright© Food Safety Tech Center All rights reserved.

  • c-facebook
  • Twitter Classic