Codex HACCPを習熟できる場の設定

外食産業や大量調理施設などは、メニューが多い・人手がいない等の理由から、厚労省としてはHACCPに取り組むのは難しいと整理されている。 一方で、食中毒事故の発生リスクが高いことは明らかである。


すでにFSSC 22000など食品安全認証を取得しているホテルやレストランの厨房施設もある。ということは、この業界の方々が「HACCPができない」と述べているのか疑問が残る。


行政として「HACCPの考えを取り入れた衛生管理」(いわゆる基準B)に区分けされるとみられる外食産業や大量調理施設などの方々にこそ、世界的な食品衛生管理手法Codex HACCPを習熟できる場の設定が必要ではないだろうか。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

HACCPを銘打ったセミナーや講習会が総花だが

食品衛生法改正に伴って、全国でHACCPを銘打ったセミナーや講習会が総花的に開催されている。 公開されている資料やアジェンダを見る限りだが、HACCPシステムの本質を語っているものはほとんどないのが実情。 「関連書類の作成と記録がHACCPだ」と勘違いしている事業者が増えることが心配だ。

Copyright© Food Safety Tech Center All rights reserved.

  • c-facebook
  • Twitter Classic